意味がわかると面白い話

ネットで話題の「意味がわかると面白い話」をまとめています!

意味がわかると面白い話(解説あり)
ひとりぼっち



ある星の住人たちは、宇宙で知的生命体は我々しか存在しないのではないか?ひとりぼっちは嫌だ、と考えた。

そこで、宇宙のいたる方向に通信を送り続けた。

ある日、他の知的生命体から通信が返ってきた。

文明の程度が同じぐらいということもあり、2星間の交流が始まった。

最初の内は仲が良かった2星間の関係だが、徐々に関係が悪化、全面戦争となってしまった。

最終的に、2星とも、宇宙船も通信機器もすべて破壊され、修理できる人もいなくなってしまった。

意味はわかりましたか?
解説をチェック!


 意味がわかると面白い話 解説

 - 入門編

解 説



連絡を取らなければ惑星間戦争は起きなかったかもしれないね。笑

結局、行き来する方法も連絡を取る方法も失われて、元通り”ひとりぼっち”になってしまったという・・・
元も子もないとはまさにこんなことのことを言うんだろうね。



この話の意味はわかりましたか?

厳選した「意味がわかると怖い話」を
お届けしています!
new!



Copyright© 意味がわかると面白い話 , 2015 All Rights Reserved.